住宅ローン金利UP

住宅ローンの金利は上がってきているそうだ。ローンの金利見直しが迫っている人が嘆いていた。政策金利がデフレで下に張り付いたままなのにローンの金利は上がるとは、そりゃ興味深い。


日本は景気回復で出遅れているから、金利が低いままだが、海外では既に景気後退の底は打って、金利は上昇してきている。世界的には金利アゲがトレンドだ。


ということは、銀行の住宅ローンの金利が上がってきているのは、日本の銀行が資産運用を海外の債権や証券ベースでやっているから、向こうの金利に引っ張られて、ローンの金利が上がっているってことなんだろう。


大手メーカーが為替予\約を止めて、既にほとんど外貨決済にして、資産も外貨で持っているということは、そりゃ当然決済業務を仲介している銀行も外貨ベースになっているということだ。


ということは、預金者がみんなして円の現金を一斉に下ろそうとしたら、多分日本の銀行は円の現金を十\分に持っていないから、取り付け騒ぎになって破綻するんじゃないのか?


そりゃ通貨当局や銀行は口が裂けても言えないよなぁ。




デフレて収入の現金は縮小していくのに、ローンの金利は外貨連動で上がっているということは、既にローンを借りていて金利見直しが入る人も、これからローンを使う人も、先々すごくキツイことになる可能\性が高い。


デフレていったら、収入は低くなるけど、物価も安くなるから、滅茶苦茶にキツくなるわけではないというのが理屈ではあるが、ローンというか金融商品全般が金利上昇していくとなると、円ベースでやっている人は資金調達が非常に苦しくなるということだろう。


そういう傾向が出てしまうということは、紛れもなく日本は金融小国になっているということになる。


となると、円高で輸入商品が安く買えると思っていても、それは額面が小さい現金決済出来るものに限られていて、債権を切って決済する額の大きいものだと、なんかすごく不利になりそうに思える。
それはマズイねぇ・・・